子供の矯正ページ   (歯並び●矯正歯科①)

 

1.<まず始めに>

ただ歯を綺麗にするだけでなく、

将来の顔や体のバランスまで整えていく

子供の頃だからこそ出来る「矯正」をご提案いたします。 

 


a.jpg




2.<治療概要>

矯正には、

全て大人の歯(永久歯)に生え変わってから着手する「大人の矯正」と、

まだ永久歯に生え変わっていない段階で行う「子供の矯正」があります。


実は、子供の頃から矯正を行うことは、

すごく大事な役割があります。


なぜなら、歯の形は、将来のお子様の口の形はもちろん、

顔や体のバランスまで変化させるほどの影響力を持っているからです。

 

(あごの成長をサポートし、きれいな歯並びに)

♪ 子供の場合は、大人にはない発育という利点を利用し、不足している成長を促進

させることで理想的な形態(歯並び)、機能(正しい咀嚼、呼吸)の獲得が可能です。

♪ 人間は幼児期に上顎が先行して発育、その後下顎が発育します。

その発育時期を見極め、成長に寄り添い、成長に合わせて矯正することで最小の

介入で最大の効果を得ることができます。


(正しい咀嚼、呼吸などの機能改善)

♪ 正しい歯並びになることで、食べ物をしっかり咬んで食べることができるように

なります。

♪ 正しい骨格になることで鼻づまりや口呼吸が改善し、正常な鼻呼吸ができる

ようになります。

♪ 舌の動きも良くなることで、滑舌や発音の悪さも改善されます。


小児矯正は、小児期に土台を作ることを目的として行う第一期矯正です。

すべての歯が生え揃ってから、緊密な咬合を獲得すべく仕上げの矯正を

行うこともあります。それを第二期矯正といいます。

 

 

 

 


例えば、

歯科で「咬合」と言われている「咬み合せ」は

体・全身にとって大きな影響を及ぼしています。


不正咬合を正して、子供たちの健康な口と体をつくる


近年、不正咬合の子供たちが増加しています。

不正咬合の子供たちには、摂食・咀嚼・嚥下の問題はもちろんですが、

いつも口を開いている、姿勢が悪い、いびき、口臭、風邪をひきやすい、鼻アレルギー

などの症状が見受けられます。

これらは、全身の健康に大きく関わり、発育に大きな影響を与え、発育不全という状況

を生み出しています。

子供たちが健やかに成長していくためにも、不正咬合の早期治療は必要不可欠です。


福島歯科では、子供たちの成長発育の基礎理論に基づいた矯正治療方法『顎顔面矯正治療法』を推奨しています。

歯並びのベースとなる歯槽骨・顎骨・頭蓋骨、それらを取り巻く軟組織までを考慮

して顎骨と顔面の発育の遅れを取り戻し、結果として歯並びも良くなる治療方法

です。

当医院では、「顎顔面矯正治療法セミナー(講師:黒江和斗先生)」の、治療方法を

日常の臨床に活かしていただいています。

 

 

 

体は地球の重力に拮抗してバランスを保ちながら立っています。

従って噛み合せがズレると、体のどこかがそれを補償するたびにひずむことがあります。


私は上と下の歯が、歯車の様にかみ合ってできる咬合は、

頭と身体をつなぐ要の役割をしていると思っています。

そのため、歯並びが悪いと


・虫歯や歯周病になり易い

・発音がうまくできない


という口の問題から


・鼻が閉まって集中出来ない(学校でもお家でも)

・いつも耳鼻科に通院している

・肩こりや頭痛が起きやすい

・顎(あご)の関節が痛む

・胃腸に負担がかかりやすい、

・いびきをよくかき、お口がぽかんと空いている

・風邪をひきやすい、成長が遅い


という体の問題にまで影響がでてきます。


a.jpg




そんな、体のバランスを形づくる歯の並びを、子供の内から整えておくことは、噛み合せはも

ちろん、それ以外にも口や顔のバランス、そして体のバランスを整えることに大きく貢献します。


さらに、歯の矯正が、将来的な美容にもつながることもあるので、特に女の子は気になる部分

かもしれません。

.jpg     

.png



.jpg



だからこそ、福島歯科医院の「子供の矯正」は

ただ歯並びを綺麗にするだけでなく、

歯の矯正を、体全体の矯正と捉えています


そのため、お子様一人一人の生活習慣や元々の骨格を見て、

お子様に適した矯正を提案し、治療を行っていきます。

 

そして、最小の介入によって、

最大の効能をサポートさせていただきます。


お子様にとって、最適な矯正方法、治療方法は異なります。

まずはお気軽に、医院にお越しください。



3.<こんなお子様にオススメです>

お子さんやお孫さんは大丈夫?

ibiki.png

1.歯並びが悪い

2.寝る時口が開いている

3.イビキをかく

4.いつもボーっと口を開いている

5.姿勢が悪い

6.寝相が悪い                

7.耳鼻科通いをしている

8.唇が荒れている

9.風邪をひきやすい

10.扁桃腺が腫れやすい

11.おしゃぶりがとれない

12.発音しいにくい音がある、舌ったらず

13.唇を閉じたとき顎の部分に梅干しのようなシワができる

14.横顔の中顔面の発育不良で凹んでいる

15.噛み合せたとき、上の歯が深くかぶさって、下の前歯が見えない

 

成長のピークが始まる前が、子供の矯正=顎顔面矯正=早期矯正=予防矯正の対象です

 

男の子は、4才~12歳ごろまで

女の子は、3歳~11歳までの

お子様が対象です。


お父さんやお母さんがわが子を見て素朴な疑問を思ったら、来院してください!

おじいちゃん、おばあちゃんがお孫さんを見て、何かお顔が変かなと思ったらご相談ください。

 

 

4618.jpg

 

*奥歯で噛んだとき、上下の前歯が噛みあわない    

*噛み合せた時、上の前歯が深くかぶさって

 下の前歯が見えない


 

上下の前歯の真ん中がずれている           

*歯並びが凸凹している

*八重歯がある

*下の歯が上の歯より前にに出て、逆に噛み合って

 いる=受け口=反対咬合である


 

*歯と歯の間に変な隙間がある

*笑ったときに歯茎が大きく見える

*口がポカンと開いてしまう



*発音しにくい音がある

*食べ物がよく噛めない

*下唇、下顎が前にでている



 

*顎が左右どちらかに歪んでいる

 顎が左右大きく非対称である

*唇を閉じて横顔を鏡で見たとき、

 口元が前に突き出している

*歯並びや口元の形に自信がない








 

4.<治療内容>

第1期の治療と第2期の治療とにステージを分けて行う場合と、全て大人の歯(永久歯)に生え変わってから着手する場合とに分かれます。

子供の矯正はこの第1期治療にあたります。


上顎と下顎の前後のズレや横のズレが大きい、骨格性(または遺伝性)の不正歯列の場合は、アゴのズレを治すための装置(1年半~2年間夜だけ装着するもの)を入れたり、

必要であれば4個の歯にワイヤーとブラケットの装着をつけて、前歯を整列させて、治療を行う場合もあります。診断により顎の拡大や成長方向の誘導と観察と保定を繰り返します。


したがいまして、全般的に子供の矯正は経過観察期間も含めますと、長期間の治療期間がかかる場合が多いです。


但し、其の代償はその子の健康や人生さえも左右するほどの良い効果が期待できま

す。ぜんそく、アトピー性皮膚炎、いびき、おねしょの改善;耳鼻科疾患の改善、姿勢の

改善、免疫力の向上、集中力の改善等です。

歯並びの悪くなる原因は、上の顎の発育不全(専門的には中顔面)であるといえるのです。したがって顎顔面矯正を行いますと、気道が広がり呼吸が十分できるようになり,

じゅうぶんな睡眠と必要な成長ホルモンの分泌を促すからだと言えるのです。

 

 

 

 

 

顎の正しい成長を促し、美しい歯並びに


顎顔面矯正では、急速拡大装置という      kodomo.jpg

特殊な装置を使い、歯だけでなく顎の骨

全体を矯正していきます。顎の骨が広が

れば、歯は自然と正しい位置へ収まり、

美しい歯並びになります。特に、成長

段階にあるお子様への顎顔面治療は

非常に効果的です。

 






顎の骨を広げ、歯を本来の正しい位置へ導く


顎顔面矯正治療は、歯だけではなく、頭骨や歯を    

取り巻く軟組織までを考慮した一連の治療の進め     agokyousei.jpg

方です。根本から歯列を治療するには、顎の正しい発達が必要になります。


口腔内に急速拡大装置と呼ばれる特殊な器

具を装着し、顎の骨全体を広げることで、骨の

正常な成長を促し、「発育のコントロール」を行

います。特に、急速拡大装置を用いた治療は、

男子は4歳~12歳頃まで女子は3歳~11

歳頃までのスパートの前に治療を始めることを

薦めています。

 




成長期の子供に噛み合わせの悪さが見られる場合、

その原因の多くは顎の成長が上顎で抑えられ、         

顎の発達が妨げられていることがほとんどです。  

gigigi.jpg

歯を抜き、ワイヤーで歯を固定する治療方法では  

本当の原因は解決できていないのです。顎の成長

は個人によって大差があるため、それぞれに合った

装置と治療が必要です。


 

また、大人の患者様には、本来子供の頃に成長すべ

きだった正しい顎の骨の形へと、外科手術と歯列矯正で

治療していきます。



顎の未発達はこんな症状を引き起こします

顎の未発達は、体にさまざまな影響を及ぼします。例えば、子供の鼻づまりの

原因の1つに、上顎の未発達が考えられます。

アレルギーなど以外の場合は、上顎を広げると鼻腔も広げることができ、鼻づ

まりが改善されたり、正常な鼻呼吸ができるようになります。

下顎が未発達であれば、舌の動きに支障が出るため、うまく咀嚼できなかった

り、滑舌の悪さにもつながります。



顎顔面矯正で体本来の正常な機能を取り戻しましょう

顎顔面矯正治療をすると、歯並びが美しくなるだけでなく、その他多くの改善が

見られます。

上顎の骨が広がると、狭まっていた鼻腔や気道も広がり、鼻づまりやぜんそくの

改善、いびきの軽減も期待できます。

下顎の場合は、舌が本来の位置に戻るため、舌運動機能や咀嚼機能の改善に

効果があります。

顎全体のバランスを整えることで、体本来の正常な機能・正常な発育へとつな

がっていくのです。

治療後に改善される症状

◎鼻づまり ◎ぜんそく ◎いびき ◎舌運動機能 ◎咀嚼機能 

◎姿勢維持

 

 

 

 

 

装置の種類

・ファンクショナルアプライアンス 機能的矯正装置の矯正

この装置は筋肉の動きを利用してアゴの発育を誘導し、上顎と下顎の咬み合せがよくなるよう

にします。装置の中にあるネジを回して、顎を広げる場合もあります。


・床による早期矯正治療・・・昼も夜もいれて矯正します。

 拡大ネジが付いた義歯床型装置


  a.jpg                    

 .jpg

 







・筋機能訓練(筋機能訓練:マイオファクションセラピー):舌癖や正しい嚥下(ごっくん)を指導します。

 

123.jpg 

 

 



5.<これまでのお子様の矯正の事例>

 

顎(アゴ)や歯並び、お顔のゆがみを引き起こす悪い癖を止めよう!!

すこやかな成長のためのバランスケア


798.jpg


 

6.<他にもこのような治療がございます>


・筋機能装置 プレオルソ

 

4611.png

4612.png
 


461ex_1.png461ex_2.png461ex_3.png

プレオルソ(PREORTHO) 

 

 

==========

お子様によって、最適な矯正は異なってきます。

まずはお気軽に来院、お問い合わせください。


399a.jpg